25歳

平成が終わるそうなので。

女であることへのプレッシャー

この歳になると、結婚式に参列する機会がめちゃくちゃ増える。

友だちと予定を合わせるときにも、別々に結婚式の予定が入っていてなかなか合わない、なんてことが多々ある。


先に言っておくと、私は友だちの結婚式という時間と空間が、とても好きだ。

幸せに満ち溢れていて、友だちとの思い出が蘇り、知らなかった幼少期のことを知って驚いたり、家族の愛を思って涙したり。


そこにいるだけで、自分も幸せな気持ちになるし、音楽や雰囲気が素敵だし、自分自身ここまで髪や服装を整えて、お気に入りのワンピースやオールインワンを着て、小さなカバンを持って、美味しいお酒やご飯をいただく機会なんて普段はないシチュエーションなので、準備から楽しんでいる。


ご祝儀貧乏、という言葉もあるように、これに関連出費は、正直まだまだ薄給のぺーぺー社会人にはかなり大きなものではある。



ただ、その話を他人にしたときに「いつか回収しないとね」なんて言われることが多いのだが、そこはよくわからないなと思う。


もちろん、相手も深い意味はなく、相槌のように言っているのだと思うが、「男の人が怖い、苦手」なんて言ってしまう私にとって結婚は夢物語のようなものだし、結婚式を挙げたり、結婚式でご祝儀をもらうという行為はもっとハードルの高いものであるからだ。



結婚式に出席すると、多くは教会式で、華やかなドレスを着て、指輪の公開、誓いのキス、ブーケトス。披露宴ではプロフィールムービー、上司や友人のスピーチ、ケーキ入刀、余興、お色直し、両親への手紙、親の挨拶、お見送り…二次会がある場合は、新郎新婦参加のゲームやクイズ、新郎新婦同士のサプライズなんかもあったりする。



今まで出席したもの、どれもすごく素敵で、楽しかった。


けれど、このタスクをこなすことが結婚の儀であるなら、あるいはこれを私も両親や祖父母にもいつかは…と求められているのかな、と思うと、どうしてもむず痒く、申し訳ない気持ちと、どうしようもない劣等感に苛まれる。



縁もゆかりもない神様の前に永遠の愛を誓うことはできないし、そもそも指輪もいらないし、人前で誓いのキスをしたり、未婚の女性が苦笑いを浮かべるブーケトスは私はしたくない。


これといった輝かしいプロフィールもないし、口周りを汚すノリは避けたいし、余興もいらないし、両親への手紙はできれば読みたくない。少なくとも人前では。


とにかく注目を浴びたくなくて、それ故にもし自分が結婚することになっても、結婚式はしたくない。やるなら規模も内容も、最少限におさえたい。



友だちの得意料理や、家庭での女としての振る舞い、旦那の身支度や世話が「良き妻」としての象徴のように紹介されるたび、私は女としてのプレッシャーに押し潰される。


わたしには、できない。


料理は何回やっても好きにはなれないし、可愛い振る舞いや男の人を立てるということはできない。

自分の身支度は自分でやって欲しいし、お酒は節度をもって飲んで欲しいし、家事は完全に分担したい。



そこを耐え忍んでまで、成人女性として結婚しなければならないとするなら、もう自分は女を辞めたいし、女であるプレッシャーから早く解放されたい。



私は化粧をするし、それなりにオシャレにも気を使うし、料理だってなんとか頑張っているし、趣味も楽しんでいる。


でもそれを、「可愛い、モテるでしょ」とか、「それは男ウケ悪いよ」と言われるたびに、ものすごく悲しくなって、そのすべてを辞めたくなる。


化粧やオシャレは自分のモチベーションやテンションを上げるため。料理は、できるだけ食費を抑えたり毎日の充足感を高めるため。趣味は好きなものを好きなだけ楽しんでいるのであって、男ウケなんて考えていない。



私は男性に愛されるために生きているわけではないし、それが女だというなら、私は今すぐ女をやめたい。


でも、女である自分が好きだし、女は最高だと思っているから、できればれ女はやめたくないし、これからも女を楽しみたい。



自分が変わらなければいけないところだらけなのは分かっている。


でも、もう少し、気楽に女でいられる生き方をしたいと思う。